水のトラブルに見舞われたらどうするか

水のトラブルに見舞われたらどうするか 水のトラブルは家の色々な場所で起こります。また、そのトラブルは起きた場所によって異なりますし、それによって対処法も違ってくるのです。単なるゴムパッキンの劣化による漏れもあれば、家内部を通っている給水管や排水管などのひび割れや劣化によって引き起こされる深刻なものまであります。そしてそれらは自力で修理のできるものもあれば、最初から専門家に依頼した方が良いものもあります。それでは水のトラブルにはどんなものがあり、どんな場所で起こるのでしょうか。そしてその場合の対処法はどうしたらよいのでしょうか。先ずはトラブルの現象と、トラブル箇所について考えてみましょう。

■トラブルの現象

よくあるトラブル現象としては水漏れが挙げられます。これは建物が老朽化し、蛇口などが経年劣化して起こることが多いです。簡単なものであれば、蛇口のパッキン交換などで対処することが可能ですが、中には原因がもっと奥深いところにあることもあり、注意が必要です。
水が流れなくなるというのもよくあるトラブルのひとつです。これは給水が止まる場合と、排水ができなくなる場合の二つがあります。給水がされないケースは地方自治体の断水ということが多いですので、広報に注意をしておきましょう。問題になるのは排水のトラブルです。これには様々な原因が考えられますので、一つ一つ丁寧に調べていくしか方法はありません。

■トラブル箇所
水のトラブルが起こる箇所としては、まずよく水を使う台所や浴室、トイレ、洗面所、その他に屋外にある給水設備が考えられます。これらの箇所には蛇口や水道管などがあり、それぞれがトラブル箇所ですので、特定がなかなか難しい場合もあります。
台所で一番多いトラブルは、蛇口からの水漏れです。それ以外にはハンドルレバーが故障してそこから水漏れが起こったりもします。そして、シンク下からの水漏れ、排水パイプの詰まりによる漏水等も多くあります。お風呂では、当然蛇口からの水漏れがありますし、それ以外では排水口が詰まったり、水漏れを起こしたりします。そのお風呂に接続する洗面所も同様に蛇口からの水漏れ、排水パイプからの水漏れ、詰まりなどがあります。トイレも水のトラブルが多い場所です。トイレの場合は詰まったりして流れなくなることが多いですが、便器やタンク、給水管からの水漏れも多くある現象です。これら以外にも給湯器の給排水設備、洗濯機の給排水設備なども水漏れなどのトラブルが起こりやすい箇所です。

■水のトラブルによる二次被害

水漏れなどは単に水が漏れるだけで済まない場合もあります。まず水が漏れてそれを放っておくとどうなるでしょうか。水は様々な場所に流れ、木材に浸みていき、カビが生えたりさらにはその木材を腐らせたりしていきます。こうなるとなによりも建物そのものの劣化を招いてしまいますし、建物自体の寿命を縮めることに繋がっていきます。さらに水漏れの放置は家全体を常にジメジメとした状態にすることになり、その中に住む人間の健康へも影響を及ぼします。また、漏れ出た水が電気と接触して漏電被害を引き起こす危険性もあります。


■まとめ
水のトラブルに見舞われたら、まずはトラブル箇所を特定しましょう。場所が特定出来たら原因を調べます。たとえば原因が蛇口にあるならば、パッキンを交換することで解決することもあります。しかし、いつもそんな簡単なものとは限りません。原因が特定できなかったり、たとえ特定できたとしても修理が困難な時には迷わず専門の業者に相談するべきです。解決法と言っても私たち素人に出来ることは限られています。トラブルを見つけたらすぐに原因を調べ、それが手に負えないものであれば速やかに業者に依頼するのが一番良い方法です。
特にトイレはウォシュレットなどの特殊が器具がついていたりして、様々なトラブルが考えられますので、無理して自力での処置はしない方が良いかもしれません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース